プロフィール

2019年8月22日

八木澤慶太

  • 2010年、2011年ラフティング世界チャンピオン。
  • 世界大会2連覇達成。
  • 2017年には世界大会の6人制マスターズ部門において、全種目1位での完全優勝達成。
  • 2019年に同部門において再び優勝し2連覇。これまで、4度の世界チャンピオンになる。

 

<略歴>

  • 1996年単身オーストラリアに渡り、プロのラフティングガイドになる。プロのガイドとして、現地のラフティング会社RnRにて約13年ガイド業に従事。
  • 入社4年目にして、当時としては日本人唯一のトリップリーダーとなる。その後、RnR社でのガイド最高位であるレベル7まで昇格。
  • 現地でラフティング競技も始め、永住権取得後にはラフティング世界大会のオーストラリア代表チームに選ばれる。
  • オーストラリア代表として4度の国際大会に出場し、2007年 India cup(インド)優勝。2008年 World Cup(日本)4位。
  • 2009年、日本で唯一のプロのラフティングチームである「チームテイケイ」からチーム入りを誘われ日本に帰国。
  • そして日本代表チームとなり、2010年オランダでの世界大会にて日本チームとして初優勝し、ラフティング競技の世界チャンピオンとなった。
  • 2011年、コスタリカでの世界大会においても優勝し、世界大会2連覇を果たす。
  • 2017年、日本での初開催となった世界大会において40歳以上の「6人制マスターズ部門」において全種目1位の完全優勝を達成。
  • そして2019年には、同部門において再び世界大会優勝しての2連覇。
  • これまでに計4回、ラフティングの世界チャンピオンとなる。
  • IRF(国際ラフティング協会)公認審判員。
  • 出身地の宇都宮愉快市民をさせて頂いてます♪
  • 2020年、46歳でプロのラフティングチームである「チームテイケイ」に復帰

<ラフティングのプロガイドとしての経験、実績>

  • 1996年、オーストラリアに渡り、ケアンズのラフティング会社RnRのトレーニングコースを経てプロのガイドになる。
  • 主にBarron川(グレード3)、Tully川(グレード4)、North Johnstone川(グレード5)にて13年間に渡りプロのガイドやセイフティーカヤッカーとして従事。
  • 2000年、当時としては日本人唯一のトリップリーダーとなり、その後、RnR社のガイド最高位レベル7まで昇格。
  • 同社にて、プロガイドを養成する為のトレーニングコースのインストラクターとしても活躍。
  • 途中、シドニーオリンピックのカヌースラロームの会場となった人口コース「Penrith Whitewater Stadium」で、半年間従事。
  • オーストラリアでの通算トリップ数、約3000トリップを経験。
  • 日本最大の激流と言われる四国の吉野川でも夏の2期をガイド。

<ラフティング競技者としての主な戦績>
-オーストラリア代表として-

  • 2007年 India cup(インド)優勝
  • 2007年 世界大会出場(韓国)
  • 2008年 World Cup(日本)4位
  • 2009年 世界大会出場(ボスニア)

 -日本代表として-

  • 2009年ユーロカップ優勝(ドイツ)
  • 2009年プレ世界大会(オランダ)2位
  • 2010年世界大会(オランダ)優勝
  • 2011年世界大会(コスタリカ)優勝 2連覇達成
  • 2017年世界大会(日本)マスターズ部門優勝
  • 2019年世界大会(オーストラリア)マスターズ部門優勝